小児 大百科

小児が掛かり易い病気

おたふく風邪

おたふく風邪の名称で知られていますが、実際の正式名称は流行性耳下腺炎というウイルス性の感染病です。一般に4から5歳くらいの小児期が一番かかりやすいとされており、1人の児童が発症すると保育園や幼稚園ではあっという間に流行する感染力の強い病気です。

以前に比べるとワクチンの普及で大規模な流行に至るケースは非常に少なくなりましたが、お子様には是非とも入園前に予防接種を受けておくことをオススメします。おたふく風邪の症状としては、発症から1日程度で耳の下(耳下腺)からアゴにかけて腫れが出始め発熱の症状が見られます。

通常は左右同時に腫れることが多いのですが、稀に片方が最初に腫れ、2から3日程するともう片方が腫れてくることもあります。発症から3日間くらいが最も腫れがひどく、その後1週間ほどで腫れは治まりますが、腫れがアゴの下まで及ぶと2から3週間くらい腫れが治まらない時もあります。

麻疹(はしか)などのように40度近い高熱がでることは稀で概ね38度から39度くらいの熱が3から5日程度続きます。おたふく風邪も1度罹ってしまえば抗体ができますので、2度3度と感染する心配はほとんどありません。

ですが、小児期におたふく風邪に罹っていない場合には、お子様から感染するケースもあり、成人してからのおたふく風邪は症状が重くなることがあり、とても危険です。あまりに痛みがひどい時は冷たいタオルなどで腫れた部分を冷やすのも有効だそうです。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved