小児 大百科

小児が掛かり易い病気

はしか(麻疹)

はしか(麻疹)は小児期にかかり易いとされる代表的な感染症ではしかウイルスによって引き起こされます。はしかウイルスは非常に感染力が強いことでも有名で接触感染、空気感染、飛沫感染で人から人へと感染して行くのが特徴です。

他の人へ感染する可能性が高いとされる期間は咳や発熱が出始めた頃から3から4日といわれはしかの予防接種を受けていない人や以前に罹ったことが無い人は感染したらほぼ100%発症するそうです。しかしはしかに1度罹ったことがある人は免疫ができますので、2度感染するケースは非常に稀だそうです。

このようにはしかに罹ったことがある場合や予防接種を受けたことがある女性の子供ははしかの免疫を受け継いでいますので、生後1年間くらいははしかに感染する可能性は非常に低いので、その後はしっかり予防接種を受けさせましょう。はしかの症状としては、感染後1週間から2週間ほどで発症する場合が多く、初めの2から3日は38度前後の熱と咳や鼻水がでます。

この症状の段階では、通常の風邪とさほど変わりませんが、3から4日ほどで一旦熱が下がる傾向をみせますが、その後ふたたび39度から40度ほどの高熱がでるのがはしかに良く見られる特徴です。この時点で既に顔や耳付近に痒みをともなう赤い発疹がでていることでしょう。

はしかに有効な治療薬はありませんので、解熱剤や鎮痛剤などで症状の回復を見守る事になります。はしかは肺炎、気管支炎、中耳炎などの合併症を引き起こす可能性があるので合併症の恐れがある時には抗生物質などで治療することもあります。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved