小児 大百科

小児が掛かり易い病気

小児喘息

子供の気管支喘息は小児喘息と呼ばれ、その原因の大半はアレルギーによるものだと言われており成人の喘息とは病態が異なります。近年では喘息をもっているお子様は増加傾向にあり、2歳までに60%、6歳までに90%の確立で発症することがわかっています。

小児喘息の特徴として女児よりも男児の方が発症しやすい傾向にあり、その数は女児のおよそ2倍なのです。しかし、小児喘息の大半は成長するにつれ段々と症状は軽減していき女児は小学校の高学年で、男児は中学校の2年生くらいまでに完治する可能性が高いと言われています。

小児喘息の症状は人それぞれでヒューヒュー、ゼーゼーという喘息症状はでるが呼吸には影響がすくない軽度なものから、呼吸することも苦しくなりチアノーゼの現象がみられる重度のものまであります。

このように小児喘息は程度によっては命の危険を及ぼす病気ですので、夜中や救急体制などが整った信頼のおける小児科など掛かり付けの病院を持っておくのも大事です。小児喘息の主な原因はアレルギーだと言いましたが、食べ物アレルギーの他にもハウスダストや花粉をはじめカビ・ダニ、さらにはペットの毛など様々な要因が考えられます。

どのアレルギーに対して過敏に反応しているのかは、病院でアレルギー検査を受けることで判明しますので、原因究明の為にも是非病院で検査を受けることをオススメします。それと、タバコの煙も気管への多大な影響が懸念されますので、控えるようにしてあげましょう。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved