小児 大百科

小児が掛かり易い病気

熱中症

熱中症とは、高温多湿の環境下などで必要な水分量を補給せずに活動を続けていると体温が上昇し脱水症状や循環器不全を起こすことをいいます。熱中症は子供に限ったことではありませんが大人に比べ小さな子供は、気温がそれほご高くなくても熱中症から脱水症状を起こす可能性が高いので十分注意してあげましょう。

ですので、小児期に散歩や公園で遊ばせる際などには帽子を被らせ、定期的に水分を摂らせることを気がけるようにしましょう。最近はニュースなどでも小児期のお子さんを車の中に乗せたままパチンコをしたり、長時間買い物をしたりして熱中症で死亡する事故も増えています。

ですがこれは事故ではなく殺人だと言っても過言ではないと思います。熱中症により、脱水症状を起こすと汗がでませんので体内の熱を放出することができなくなります。そうなると腎臓や肝臓などの臓器に負担が掛かり脳神経や血液機能などにも障害がおき、重症になると死亡するケースもある危険な病気です。

もし熱中症の疑いがある場合は、すぐに日陰などの涼しい場所に移動し水分を十分に摂取させてあげましょう。小児期のお子さんは熱中症による脱水症状の進行が早い為、水分を与えても飲んでくれない場合もあります。

また意識が低下し痙攣などの症状がでると大変危険な状態ですので、すぐに病院に連れていくことが大事です。ちなみに水分の補給は水やお茶よりも、カラダの水分に近いスポーツドリンクなどが効果的だと言われています。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved