小児 大百科

その他の小児問題

ダウン症候群

通常、人には22対の染色体と性を決定する2本の染色体の合計46本の染色体があることがわかっています。しかし、稀に21番染色体が3本ある赤ちゃんが生まれてくることがあり、この先天性の病気がダウン症候群なのです。

この病名の由来となったのが1866年にイギリスの眼科医であったダウンが発見したことが始まりなのですが、ダウン症候群は、1866年よりもずっと以前から存在していたことも証明されています。

ただし、この病気の原因が染色体の異常にあるというのが分かったのは1959年になってからでした。この病気の発症率は1000人に1人の割合だと言われており、単純な計算だと日本の出生数が平均100万人ですので、毎年1000人のダウン症候群を抱えた赤ちゃんが誕生していることになります。

出産年齢が高齢になるにつれ染色体がうまく分離しないケースが多くなることが証明されており、ダウン症候群を抱えた赤ちゃんが生まれる割合も母親の年齢が高いほど発生率が高くなります。仮に出産時の年齢が40歳だと、ダウン症候群を抱えた赤ちゃんが生まれる確率は約1000分の1から約100分の1になるということがわかっています。

根本的な治療法がないため、小児期の発達の遅れなどが目立ちますが、症状もさまざまで学校を卒業した後は立派に就職している人も大勢いらっしゃいます。平均寿命は50歳と言われていますが、医学の進歩もあり50歳を過ぎても健康に暮らしている人もたくさんいらっしゃいます。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved