小児 大百科

その他の小児問題

小児歯科

いつの時代も子供にとって歯医者に行くのは非常に恐怖だという風に思っているのは、もう古い考えなのかも知れません。現在の歯医者は治療技術の向上により、今の大人たちが子供の頃に味わったような治療中の痛みを感じることも少なくなっていますし、あのキュイーンという嫌な音を聞くことも少なくなっています。

特に子供を専門的に診察・治療している小児歯科に限っては、楽しい場所という意識を持っている子供も増えています。小児歯科とはただ子供の虫歯を治療するだけの場所ではなくなっているのです。

虫歯の予防に積極的に取り組みながら歯磨きの仕方を同年代のお子さんと一緒に楽しく学んだり、最終的には綺麗で丈夫な永久歯を正しい位置に生やしてあげることを心がけながら、お口を健康的な状態に育てることを目標にしているのが小児歯科です。

小児歯科は概ね15歳以下のお子さんに限られている医院が多く、1人ひとりのお子さんにじっくり時間をかけ、ゆっくりと治療・指導してくれます。小児歯科の役割はお子さんに対する指導のみでなく、保護者の方にも正しい歯磨きの方法や治療の必要性などをお子さんと一緒にじっくりと説明してくれます。

小児歯科のなかには実際に治療に用いる機器を見せたり、音を聞かせたりして恐怖心を取り除くなどのやり方を行っている場合もあります。歯医者さんが怖いところだという先入観をお子さんに受付けているのは、子供の頃に痛い思いをした保護者なのかも知れませんね。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved