小児 大百科

その他の小児問題

小児肥満

小児肥満児童の数は年々増加傾向にあり、この30年で約3倍に増えています。実に10人に1人が小児肥満だということになります。小児肥満を放っておくと、小児生活習慣病の要因になり、糖尿病や動脈硬化などを起こし高血圧などの症状が出てしまう場合もあります。

生活習慣病はなにも大人だけの病気ではないということを理解しておきましょう。このように小児肥満は、テレビなどでも取り上げられるほど注目されており、近年では大きな社会問題にもなっています。さらに小児期の肥満は病気を誘発するだけでなく、老年期以降の生活や生命予後にも多大な影響を与えると言われています。

ですので、小児期の時点で肥満を解消することが、その後の生活にも大きく関わってくることになるのです。小児肥満の多くはカロリーの摂りすぎが原因だといわれておりますので、肥満を解消するには食事+運動が重要ポイントになります。

小児肥満の心配点は何も病気に限ったことだけではありません。例えば運動会などが苦痛に感じる子供もいるでしょうし、太っていることで最悪の場合はいじめの対象になってしまうこともあります。

しかも、肥満のまま成長することで将来的には就職が不利になるということも否定できませんし、アメリカなどで有名な話では出世にも大きな影響を与えるとされていますし、結婚に対して不安を感じることもあるでしょう。お子様の健康の為にも、将来の為にも早い段階で肥満解消に取り組むことをオススメします。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved