小児 大百科

その他の小児問題

定期接種と任意接種

生後3ヶ月から小児期にかけて、様々な予防接種を受けることになります。予防接種の種類などは市町村から通知や母子手帳などにも詳しく記載されています。重い病気への免疫を作るためと言っても、弱いウイルスを赤ちゃんの体内に注射するのですから、心配に思う気持ちも良くわかります。

予防接種は定期接種と任意接種の2種類に分類することができます。定期接種というのは、一定の年齢に達した時点で受けることが望ましいとされている予防接種のことをいいます。

定期接種には、みなさんも良くご存知なBCGをはじめジフテリア・百日咳・破傷風を予防する三種混合などが有名ですが、それ以外にも風疹・麻疹・ポリオなどがあります。これらの病気は非常に強い感染力を持っている為、小児が罹ると重症化する恐れが強いのでしっかり予防することが大切です。

定期接種は一定の年齢内であれば無料で受けることが出来るようになっています。任意接種とは、保護者が受けるかどうかを選択することができる予防接種のことをいいます。その種類には、インフルエンザやおたふく風邪、水ぼうそう、B型肝炎などがあり、比較的発症しても軽い症状で済む病気が多いのが特徴です。

任意接種を受ける場合は個人的に病院に行き予防接種を受けることになりますが、任意接種の場合は保険適用外ですので、費用は全額自己負担となってしまいます。掛かる費用も病院によってさまざまなので、事前に確認しておきましょう。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved