小児 大百科

その他の小児問題

予防接種とは

赤ちゃんは生まれながらにして、お母さんから様々な病気に対する抗体を貰っていますが、それも生後8ヶ月から1年程度までしか効力がありません。その為、それ以降は赤ちゃんに必要な抗体を予防接種などで作っていく必要があります。

みなさんも小児期に様々な予防接種を受けたことがあることかと思いますが、以前は予防接種を受けることが義務とされていたのですが、現在では努力義務という風に変更されましたので、予防接種を受けるか、受けないかの判断は保護者に委ねられたということになります。

ですので、近所のお子さんが受けるから一緒に受けようとか予防接種って良くわからないから受けないなどではなく、予防接種をしっかり理解した上で受ける・受けないを適切に判断するようにしましょう。予防接種には一定の年齢になったら受けることが望ましいと定められている定期接種と受けていた方が良いとされる任意接種の2種類があります。

定期接種には、三種混合(ジフテリアと百日咳、破傷風)やBCG、ポリオ、風疹・麻疹などがあり、任意接種には、インフルエンザ、おたふく風邪、水ぼうそう、B型肝炎などが対象になっています。

定期接種は一定の年齢内であれば一部の自治体などを除き無料で受けることができるようになっていますが、任意接種は保険がきかないので、費用は全額自己負担となってしまいます。病院によって費用は変わりますので事前に確認しておくとよいでしょう。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved