小児 大百科

小児アトピー性皮膚炎

注意点

小児アトピー性皮膚炎の悪化を予防するには日頃からの対策が非常に重要になります。ダニやカビの対策として日頃から住居内は清潔に保つ必要があります。ダニ対策としては布団の天日干しは非常に有効ですし、絨毯やカーペットなどの清掃も大事です。

さらに長時間直射日光を浴びていると紫外線にさらされる時間も多くなりますので避けた方がよいでしょう。ほかにも毎日の入浴、汗をかいたら即、着替える、爪をまめに切るなど注意したい点はたくさんあります。

特に乾燥が激しい冬場などは痒みも増しますので保湿剤シップなどでケアすることも有効です。その他で最も気をつけて頂きたいのがペットの存在です。ペットには小児アトピー性皮膚炎を誘発する要因が多数あります。ペットの抜け毛もそうですし、ダニなどを屋外から持ち込む可能性もあります。

すでに飼っているペットがいる場合には対応は難しくなりますが、これからペットを購入しようと考えている場合には、1度飼ったペットを手放すことは容易ではありませんので、ペットを購入する際には必ず、お子さんがペットアレルギーを持っていないかをしっかり検査してもらう必要があります。

また、お子さんが生まれてから小学校に上がるくらいの時期にかけて家を新築する人も大勢いらっしゃいますので、家の柱などに使われている集成材や壁紙などに使用される接着剤などの成分が合わない場合もありますので十分に注意しましょう。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved