小児 大百科

小児アトピー性皮膚炎

症状

小児アトピー性皮膚炎は季節や生活環境などによって症状に変化がありますが、他にも乳幼児期から小児期などの成長によっても症状や発症部分に違いがでてきます。乳幼児期のアトピー症状は1歳前に発症することが多く、耳の付け根をはじめ顔や頭などに痒みを伴う湿疹ができます。

その原因には食べ物によるアレルギーやダニ・ハウスダストなどの環境によるアレルギーなど様々な要因が挙げられます。食物アレルギーが原因である場合には、その原因となっている食べ物を特定することで症状が改善されることが多くあります。

ですが、様々な食べ物をかたっぱしから制限してしまっては、小児の発育や栄養状態にも関わりますので、小児科医などへ相談した上で適切に行う必要があります。小児アトピー性皮膚炎の症状が現れるのは、早ければ生後4ヶ月頃だと言われています。

乳児期は、特に皮膚の層が薄く、幼児期から成人期にかけてのアトピー性皮膚炎のように、皮膚が乾燥してはげてくるといった症状が現れることは少ないのですが、耳の付け根をはじめ、ヒジやヒザの裏側など関節部分の皮膚がヒビ割れしたり切れたりするなどの典型的な症状をはじめ、10円玉のような貨幣形の湿疹が現れたりすることもあります。

また、アトピーの典型的な症状として酷い痒みをともなうために、幼少期の子供などは、かきむしる事でジュクジュクになってしまったり、バイ菌が入ってとびひになってしまったりする心配があります。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved