小児 大百科

小児アトピー性皮膚炎

原因

小児アトピー性皮膚炎とは、さまざまなアレルゲンが中心となりおこる、アレルギー炎症による病気です。小児アトピー性皮膚炎が起こる発症原因として考えられるものが、タマゴや牛乳などの食物抗原やハウスダストやダニなどの吸入抗原などがありますが、最も多いのが家系的な原因とされる遺伝子的素因です。

これら複数の要因が絡み合って発症すると考えられているのです。このように、複数のアレルゲンが関わって起こることで、アトピー性皮膚炎にかかっている人に多いのが、アレルギー性鼻炎や、小児ぜんそくなどのアトピー性疾患を合併することが多いとされているのはそのためです。

小児アトピー性皮膚炎の症状が出始めるのは乳幼児期の頃が最も多く、6歳くらいから中学生くらいにかけて大半の人は治癒すると言われています。ですが中には成人しても症状が改善しない人がいるのも現実です。

遺伝的な原因が考えられない場合の多くは、食物性のアレルゲンが原因であることが多いので、病院で検査することで、どのような食材にアレルゲン反応を示しているのかを調べることが出来ます。

また、引っ越した直後から症状が発症した場合や実家に連れて行った後に症状が発症する場合などには、ハウスダストやダニなどの吸引性のアレルゲンが原因だという可能性が高いと言えます。このように発症する原因は様々ですので、絶対に自己判断せずに小児科医などでしっかり診察してもらうことをオススメします。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved