小児 大百科

小児アトピー性皮膚炎

小児アトピー性皮膚炎とは

小児アトピー性皮膚炎の患者は近年増加傾向にあり、そのうち約70%の患者に小児食物アレルギーの合併症状があると言われています。その他にも約50%に小児喘息の合併症状があるそうなのです。

このように小児期のアレルギー症状には様々な原因が複雑に絡み合っているのが現状なのです。その為、この治療を行えば効果的というものを見つけるのが非常に困難なのです。小児アトピー性皮膚炎の症状としては、激しい痒みを伴うのが特徴で、痒いからといってかきむしることで更に悪化してしまいます。

症状がひどくなったり、良くなったりを繰り返しますので長期での治療が必要になります。主な治療法としては、ステロイドを用いたりする他にも食事制限をしたり、喘息の治療をしたりと様々な治療方法を組み合わせて行っていきます。

ただし、このような小児アトピー性皮膚炎は年齢を重ねると自然と治癒していくことが一般的で、その多くは6歳から中学生くらいまでに完治することが多いとされています。ですので、副作用が心配されるステロイドでの治療を望まない場合には、いかに小児アトピー性皮膚炎の発症を最小限に抑えながら上手に付き合っていくかに重点をおかなければいけません。

発症原因の食物を特定したり、ペットなどの抜け毛やダニが喘息を引き起こしている可能性もありますので、まずは小児アトピー性皮膚炎の発症原因がなんであるかを特定することが1番の予防にも繋がると言えます。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved