小児 大百科

小児食物アレルギー

小児食物アレルギーとは

小児食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を摂取したときにカラダが拒否反応を起こし過剰に反応することを言います。食物アレルギーを引き起こす要因には、タンパク質などが大きく関係しており、タマゴ・牛乳・小麦粉が最もアレルギーを引き起こしやすいといわれており3大アレルゲンとも言われているのです。

この3大アレルゲン以外にもナッツ類・そば粉・甲殻類・大豆をはじめ添加物や着色料などでも小児食物アレルギーは発症するケースが多くあります。

タマゴやそば粉アレルギーなどは、どんな年代の人にもアレルギー症状を引き起こす可能性があるのですが、消化機能が未発達な乳幼児から小児期にかけて最も起こりやすいことから小児食物アレルギーと言うようになりました。

食物アレルギーの症状としては、湿疹や蕁麻疹などの皮膚症状が1番多く、その他にも嘔吐や下痢を引き起こす消化器系の症状、喘息など呼吸困難などを引き起こす呼吸器系の症状などがあります。最悪の場合には、アナフィラキシーショックを起こすことで急激な血圧の低下を招き、死に至る場合もあるのです。

小児食物アレルギーの治療も随分と進歩しており、以前のようにアレルゲンとなっている可能性がある疑わしい食べ物を一切排除するというやり方から、近年では食事日記などをこまめに記載することで怪しい食べ物を絞った上で検査する方法が主流となっており高い確率でアレルゲンを引き起こす食材を見つけることができるようになっています。

Copyright (C) 小児 大百科 All Rights Reserved